木材腐朽担子菌の生物機能解明

木材腐朽担子菌 (キノコ) は木質バイオマスを効率的に分解することで、地球上の炭素循環に重要な役割を果たしています。中でも、白色腐朽担子菌は難分解性芳香族高分子であるリグニンを単独で無機化できる唯一の生物であり、他生物には見られないユニークな生物機能を備えています。私たちは、リグニン分解のシステム生物学的研究を通じて、担子菌が有する生物機能の高度理解を目指しています。近年、プロテオーム研究を通じてリグニン分解に関わる細胞内酵素の同定に成功しました。また、担子菌はリグニン分解フラグメントに応答して、解糖系・TCA回路・ペントースリン酸回路・NAD(P)H産生系・ATP産生系を活性化することが明らかになりました。リグニン分解の生化学に新たな知見を与えました。

担子菌のプロテオームディファレンシャルディスプレー解析

バニリン添加によるTCA回路酵素の挙動変化
 ※枠内はバニリン添加により発現量が増大した酵素