研究会の目的

 「内外環境応答・代謝酵素研究会」は、P450 (チトクロームP450)、UGT (UDP-グルクロン酸転移酵素)、SULT(硫酸基転移酵素)という代謝酵素をはじめとして、さらにトランスポーター、核内受容体関連の研究者の方々も含めて、「内外環境応答」に関連する研究すべてを対象とした研究会です。
 この分野の最新の研究の知見の情報交換および交流の場として、勉強会を開催致し、幅広い研究分野の研究者が一同に介して活発に議論できる環境を提供すると共に、若手の研究者育成の場ともなることをめざしています。


最新情報&更新情報

2022.7.6
令和4年度内外環境応答・代謝酵素研究会のお知らせ
 例年開催しております研究会についてのお知らせです。 コロナ禍により2年間延期しておりましたが、今年度の研究会を以下の日程の通り開催する予定で準備を進めていきたいと思います。
 日時:令和4年12月3日(土)午後 〜 4日(日)午前
 場所:富山県立大学工学部中央棟講義室
現時点で根岸先生がご参加していただけるとのことです。 詳細については後日お知らせいたしますのでお待ちください。

2020.10.22  
 令和2年度 内外環境応答・代謝酵素研究会延期のお知らせ
  例年開催しております研究会についてのお知らせです。 今年度は富山開催を予定しておりましたが、諸事情により来年度に延期とさせていただきます。 開催を楽しみにしておられた会員の方々には申し訳ありませんがご理解お願い致します。 また、来年度の開催詳細につきましては後日ご連絡させていただきます。

2019.10.31  
  令和元年度 内外環境応答・代謝酵素研究会(仙台)が開催されました
  開催期間:令和元年9月21(土)〜22(日)日
  開催場所:東北医科薬科大学小松島キャンパス

2018.12.1  
  平成30年度 内外環境応答・代謝酵素研究会(鳥取)が開催されました。
  開催期間:平成30年11月23(金)〜24(土)日
  開催場所:鳥取大学

2017.9.12

2018 International Meeting on 22nd MDO and 33rd JSSX開催のお知らせ
 開催期間 2018年10月1〜5日
 開催場所 金沢

2017.9.9-10  平成29年度 内外環境応答・代謝酵素研究会(福岡)が開催されました
2016.9.17-18 平成28年度 内外環境応答・代謝酵素研究会(静岡)が開催されました
2015.8.20 新刊のお知らせです。

本年度研究会にてご講演下さりました川尻要先生がご執筆されました「ダイオキシンと「内・外」環境 その被曝史と科学史」 が九州大学出版会より出版されました。社会問題としてのダイオキシン汚染の歴史を振り返りつつ,先生の長年に渡るダイオキシン受容体研究に基づく 知見からその毒性の機序を解説されたものであり、高度な研究成果を専門家以外の読者にも届けるべく工夫を凝らした啓蒙書でもあります。 本研究会の皆様にもおかれましてもぜひご購読いただきたく存じます。 ご購入を希望の方は事務局生城(ikushiro「アット」pu-toyama.ac.jp)までご連絡お願いいたします。
2015.7.18-19   平成27年度 内外環境応答・代謝酵素研究会(旭川)  
          が開催されました